小腸カプセル内視鏡検査とは

小腸カプセル内視鏡検査とは超小型カメラを内蔵した長さ26mm×幅11mmのカプセルをビタミン剤のように口から飲み込むだけの内視鏡検査です。
カプセルを飲むことで小腸内を観察し、クローン病や原因不明の消化管出血などの小腸疾患の診断を簡単に苦痛も少なく行えるのが特徴です。

このカプセルは消化管を通過しながら小腸の画像を撮影し、その画像を記録装置に転送します。医師はこの画像をもとに診断を行います。

skensa

小腸カプセル内視鏡検査の特徴

spec

小腸疾患の診断に役立ちます!

kensa

小腸カプセル内視鏡

小腸は全長が6〜7mと長く、全消化管の75%を占める体内で最も長い臓器であり、従来の内視鏡やその他の検査方法では十分な観察ができませんでした。
そのため、優れた検査方法の開発が望まれていました。

小腸カプセル内視鏡検査では従来、他の小腸検査では見逃されてきた病変の検出が可能であることが確認されました。
特に原因不明の消化管のうち、小腸腫瘍が発見された症例は全562症例のうち9%にのぼり、そのうち約半数が悪性腫瘍であったとの報告もありました。

ページ上部へ戻る